お金借りる 金利

申込みに必要なもの

キャッシングのプロミス店舗・ATM案内
http://mobanavi.org/promise/

 

必要書類

キャッシングをいざ利用と思うときは、いつだっていきなりなものです。

 

そんなときになってから、何を用意したらいいんだろうと迷っていると、なかなか借り入れまでに辿りつけません。実際に自分もそんなことがあって、借り入れをするまでにはかなりの戸惑いを見せてしまったのです。

 

そこで、今後キャッシングを利用するという可能性がある人のためにも、キャッシングの申し込みには何が必要なのかということをご紹介しておきましょう。

 

まずは身分証明書が必要となります。これは運転免許証がある人はおそらくこれが一番手っ取り早く証明できるものとなることでしょう。もし運転免許証がないと言った場合には、健康保険証などでも代用が効くので用意しておきます。

 

そして、実際の自分の収入を証明するための書類も必要となりますので、源泉徴収票などを用意しておきましょう。これは会社勤務の人であれば、簡単に発行してもらうことが出来るので、遠慮せずに申請してみることです。もしも、自営業などの場合は、こういったものが発行されないので、しかるべき場所で収入を証明するための書類を用意しておいてもらってください。

 

これらの用意が終われば、キャッシングの申込みに必要な書類は揃いました。

 

実際の申込みはいくつかの方法がありますが、今主流となっているのはインターネットを利用するという方法で、この場合には先ほど用意しておいた書類たちを、ウェブカメラや携帯電話を使って送信することになります。

審査時間の短いキャッシング業者

すぐにでもお金が欲しい。そうなればキャッシングはきっとあなたの強い味方になります。

 

特に審査時間が短い業者は当然借り入れまでの時間も短くなりますので、すぐというニーズに十分答えてくれることでしょう。

 

では数あるキャッシング業者から審査時間が短い30分程度のところを幾つか紹介します。まずはアイフル、お申し込みから最短30分程度で審査結果がわかります。お急ぎ審査という制度もあり、ネットでお申し込み後にお電話をすることで優先して審査を行えるという嬉しいサービスもあります。

 

次はアコムです。やはりこちらも30分審査、そして融資は60分程度で完了出来るというスピーディーさが特徴で、そのヒミツはネットを使ったオンライン契約。本人確認書類をネットで全て提出可能で、振込みによるキャッシング手続きをすると大幅に時間が短縮できます。

 

続いてプロミスです。こちらも30分という早い審査が魅力で、web完結を使えばカードを作ることなくwebでの振込み融資に対応してくれます。さらに銀行も今は審査スピードが早くなっており、三菱東京UFJ銀行のバンクイックは30分での審査結果回答と消費者金融クラス。最短即日融資にも対応していますので注目です。

 

このように、多くの業者がスピーディーな審査をしてくれますが、即日融資を確実にするには午前中のうちにお申し込みを行うほうが良いでしょう。午後でも14時頃までは対応してくれるケースが多いですが、必要書類が不足などの場合は翌日になってしまうことがありますので準備忘れなどミス無く行うことがより審査時間を短縮することに繋がります。

職場での本人確認ってどうなのさ?

カードローンを申込しようと考え、その手続きなどを調べていくと「本人確認」なるものがあるということが分かりました。

 

一体何のこと?と思い、さらに調べていくと、直接本人に電話などでの申込内容の確認と、仕事場への在籍確認があるということが分かってきました。

 

「職場への連絡かぁ。嫌だな。もし、カードローンのことが他の人にばれたら気まずいし・・・」なんて思っていました。

 

ある時、仕事の知り合いとカードローンのことが話題になりました。その知り合いは、カードローンを使ってキャッシングをしているというので、思い切って不安に思っていたことを話してみると、「仕事場への在籍確認は、とても配慮して行ってくれるよ。」というものでした。それでも何となくの不安が残った私に、その知り合いは、「カードローンの会社名は名乗らないし、個人名でかけてくれることもできるはずだから、最初のに本人宛に電話がかかってきた時に職場への確認の際には、こう名乗ってくださいと伝えておけば大丈夫だよ。」と教えてくれました。

 

そこで、言われた通りに本人確認の際に伝えたところ、職場で私が席を外している時に、在籍確認の電話がありました。

 

他のスタッフは、単なる営業先からの電話だと思ったようで、「○○さんという方から電話がありました。急ぎではないようだとのことで、また電話してくださるようです。」と伝言してくれました。

 

最初は、「職場に知られたくない。ばれたらどうしよう。」と思いで不安でしたが、逆にいろいろなやり取りをしてみて、「とても細かいところまで、配慮してくれている」と感じました。

 

「お金を借りる」ということは、不安になったり、嫌だという気持ちがどこかにあるかもしれません。でも、必要な時に大きな力になってくれるのが、カードローンだったりキャッシングだったりします。その時に、一緒に力を貸してくれるのが、きめ細かい配慮の行き届いたシステムだったりするんだと感じました。

 

プライバシーを守れるようになった返済手続き

キャッシングを利用した場合は、もちろん返すことになります。いわゆる返済の手続きが必要になる訳ですが、昔に比べれば随分とプライバシーを守りやすくなったと思います。

 

そもそも返済の手続きの際には、誰かに内緒にしたいと思う事も多いのですね。職場の同僚や家族に知られたくないので、あまり実店舗に入りたくないと思う方も見られます。

 

思えば街には、多くのキャッシングの会社の実店舗があるでしょう。いわゆる曇りガラスのお店などは多く見られますが、そこに入店する姿を誰かに見られたくないと思う方も多い訳です。それで返済の際に、色々と気を使っている方々も多いですね。

 

ところがここ最近では、あまり気を使う必要も無くなっている事例も目立ちます。なぜなら、最近ではプライバシーを守れる状況になってきているからです。

 

同じお店でも、ATMで返済をするとなると話は異なるでしょう。コンビニのATM機器でも返済は可能なのですが、そもそもあの機器を操作している姿を目撃された程度では、キャッシングを利用しているか否かも分かりません。

 

また最近では、インターネットによるキャッシングもだいぶ普及しました。今ではスマホを用いて、簡単に返済の手続きを行う事ができます。スマホを操作している姿を見られても、それでキャッシングの返済をしているか否かは分からないでしょう。

 

昔のキャッシングは実店舗に入るのが気まずかったものですが、今では随分と返済しやすくなったと思います。