銀行カードローンは計画的に

改正貸金業法が完全施行された2010年6月以降、信販会社と消費者金融の貸付残高は総量規制の影響を直接受けて減り続けています。年収の1/3を超える貸付が原則として禁止されたことにより、高収入ゆえに与信力が十分にありながら貸付制限を受けてしまった人が増えました。

 

銀行カードローンは、銀行法に基づき貸付を行なうので、貸金業法の影響を受けません。

 

審査に通過すれば、年収の1/3を超える範囲の貸付であっても銀行の独自判断により可能となっているわけです。銀行カードローンの金利は、消費者金融よりも低く設定されていることが多いので、新たに申し込んだ銀行カードローンへと借り換えることで、返済が楽になるはずです。

 

しかし、今まで利用していた消費者金融を解約せずに残したままにしてしまうと、新たに消費者金融から年収の1/3に到達するまで借入が出来てしまいます。

 

貸金業法が総量規制によって貸付制限を行っているのは、信販会社や消費者金融といった貸金業法に基づく貸付を行なう場合のみであって、銀行法に基づく貸付については考慮していません。

 

銀行カードローンと消費者金融からの借入は、別口計算となってしまう問題点があり、返済計画をしっかり立ててから借り換えを行わないと、借金総額を増やしかねない点に注意が必要です。